床ずれの原因と予防方法

同じ姿勢でいることで起こる褥瘡・床ずれとは

寝たきりの状態でいる場合、同じ姿勢から動くことができず、体の一定の場所に体重、圧力がかかりその部分の血流が悪くなり床ずれ、褥瘡という状態を起こすことがあります。
床ずれになると寝たきりでもともと血液の流れが悪い状態となっているため治りにくく、本人も辛い思いをしますので、出来る限り作らないようにすることが求められます。

拘縮をお持ちの方は同じ姿勢でいることがどうしても多くなるので、予防策を講じないとすぐに床ずれができてしまいます。
床ずれをできる限り予防するためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

拘縮による床ずれをどう予防する?

褥瘡、床ずれは長い時間同じ姿勢でいることで発症するのですが、拘縮によって一点に圧力がかかることで床ずれを起こすこともあります。

拘縮というのは、長い期間寝たきり状態になっていることから関節を動かすことが少なくなり起こるもので、関節が硬く固まった状態です。
例えば拘縮によって右の膝や股関節が曲がったままとなると、左側の方に圧力がっかり安くなるため、左の方に床ずれが置きやすくなります。

拘縮による床ずれを予防するためには、関節を動かす介助が必要となります。
介助する方が被介護者の関節を動かすことで、関節可動域を広くする訓練を継続的に行うことで、拘縮による床ずれを予防できます。

関節はいきなり強く動かすのではなく、動く範囲でゆっくりと限度いっぱいまで行いますが、行う際には理学療法士や医師の指導を仰ぎ行うことが重要です。

定期的に体位変換を行い床ずれを防止する

一定の場所に圧力がかかって長い時間そのままになることで、その部分に血液が流れにくくなり床ずれとなります。
そのため、床ずれを起こさないようにするためには、圧力がかかる場所を分散するため、体位交換を定期的に行うことが求められます。

介護施設などでは、通常2時間に1回くらいの頻度で体の向きを仰臥位、右側臥位、左側臥位と変えて除圧していきます。
ただ拘縮がある方は、全身をバランスよく体位変換することができませんし、拘縮の無い方に圧力がかかりやすいという事があるので、通常の予防策ではなく、その方の拘縮に合った予防策を講じる必要があります。

寝具にしわを作らない、衣類やおむつにも注意が必要

拘縮、体位変換によって圧力を分散し除圧する事ができますが、シーツにしわがあったり、パジャマなどにしわがあることで床ずれが起きやすくなります。
おむつ交換の際やシーツを交換するときには、出来る限りしわが付かないようにしっかり伸ばして交換する事が求められます。

おむつを長時間交換しないでいたり、衣類が汗で湿ったままの状態でいることも床ずれの要因となりますので、適度におむつの交換を行う、寝具の交換を行うなどすることも大切です。
寝具やおむつを定期的に交換することで、皮膚の状態を逐一確認できるので、しっかり異常がないかどうか確認しましょう。

また栄養状態が悪いと床ずれが起きやすくなりますし、寝たきりになると脂肪がなくなっていくため、栄養のバランスのとれた食事をしっかり食べてもらうことも考えます。