寝たまま洗髪する際のポイント

洗髪は被介護者にとって心身共に爽快にする介護

髪の毛が汚れていると気持ち悪いですし、頭皮に湿疹等の異常がある場合は悪化する事もあります。
においの原因になりますし、何より被介護者は不快な状態で気持ちも沈んでしまいます。

洗髪を行うと非常に気持ちよさそうなお顔をされますし、気持ちよく眠れるようです。
自ら先発ができない被介護者は、手助けが必要になりますし、寝たきりになっている方は寝たままの状態で髪の毛を洗うことが必要となります。

洗髪を行う前に周囲を片付ける

洗面器、フェイスタオルを数枚、シャンプーとリンス、38度から40度くらいのお湯を大きめのペットボトルに入れる、ブラシ、ドライヤー、バスタオル、さらにケリーパッド(寝たきりの方が髪の毛を洗う際に利用するゴム製の用具、頭部をパッド内に入れて洗髪し、汚水が一定方向に流れるようになっている)などを準備します。

洗髪を行う前に、被介護者に「シャンプーをしますよ」など声をかけておきます。
大体このくらいの時間がかかりますが、トイレなどは大丈夫ですか?と確認し、必要ならトイレを済ませてもらいます。

室温を22度から24度くらいに設定して周囲を片付け、安全にしっかり洗髪できるように整えます。

寝たまま洗髪する場合、ベッドの上にビニールシートをひいて、その上にバスタオルをひき、ケリーパッドに頭部を入れて洗います。
お布団の場合、お布団の頭の部分を折り高さをだしてその上にビニールシート、バスタオルを敷いてケリーパッドの中に頭部を入れて洗います。

寝たままの洗髪方法

頭部をしっかりケリーバッドの上に固定しますが、首の下などにタオルを置くなどして斜面を作っておくとお湯の流れがよくなります。
髪の毛をブラシで丁寧にとかし、ゆっくりお湯をかけていきます。

シャンプーを泡立ててから頭皮を優しくあらいますが、この時被介護者がかゆいといっても、力を入れて洗うなどしないように注意が必要です。
シャンプーの泡を一旦フェイスタオルで丁寧にふき取ってからお湯をかけて流せば、お湯の量が少なくても綺麗に洗い流すことができます。

リンスを行って丁寧に流したらフェイスタオルでよくふきますが、頭皮の水分をよく吸収するようにするとドライヤーが楽になります。

お湯が利用できない場合は?

お湯を利用できない被保険者もいらっしゃいますので、その場合、アルコールを薄めたものをタオルやガーゼなどにふくませ、頭皮や髪の毛を丁寧に拭きます。
蒸しタオルで丁寧に拭いて終了です。

薬局やドラッグストアなどには、洗髪できない方に利用できるドライシャンプーと呼ばれる商品がありますので、それを利用してもいいでしょう。

この場合、頭を熱めの蒸しタオルで丁寧に蒸し、ドライシャンプーで頭皮をマッサージします。
その後、再度熱めの蒸しタオルでふき取り乾いたタオルで拭いてドライヤーをします。

介護する側の注意点としては、被介護者の状態に合わせてどの洗髪方法が適切なのかを判断するという事です。
普段から被介護者の状態をよく観察し、データをしっかり残しておくことで、被介護者の状態に合わせて適切な洗髪ができると思います。