足浴する際の手順や注意点

足浴は利用者の健康を保つ大切な介護

足が冷たくなっている高齢者の方は非常に多く、特に歩行が困難になってくると、足の筋肉を利用する機会が少なくなるため、血行が悪くなります。
足はもっとも心臓から遠い部分ですし、足の筋肉を使うことで血液を心臓に戻すポンプ的な役割を果たすので、足の血行を良くすることは血流を促す行為ともなります。

足の血行が良くなると心臓方向にもうまく血液が循環するようになるので、床ずれ、褥瘡の防止になるとも考えられています。
足浴を行うとき、マッサージするとリラックス効果、安眠効果も高くなりますので、日々の癒しとしてご家族が行ってあげてもいいと思います。

足浴を行う前に周囲をよく見まわし、濡れては困るようなもの、特にお薬などに水がかからないようにします。
端座位で行うのが理想ですが、被介護者の状態によって仰臥位(あおむけ)が適している場合もあります。

仰臥位で行う時には被介護者の膝を曲げた形で行うので、ひざの下に枕やクッションなどをおいて楽な姿勢をとってあげるといいでしょう。

足浴の準備

39度から42度くらいのお湯が入ったバケツ、タオルを2枚から3枚くらい、石鹸、ガーゼ、ビニールシート、新聞紙、掛け湯用の39度から42度程度のお湯を別容器に準備し、水の入ったペットボトルなども差し湯用に準備しておきます。

足浴を行うという事を被介護者に伝え、排せつしておくかどうか確認し必要ならトイレで済ませてもらいます。
室温を22度から24度くらいに調節し、周囲にあるものを被介護者に確認して移動します。

端座位の場合は被介護者の足元に防水シートと新聞紙を引いて湯の入ったバケツを置き、仰臥位の場合、被介護者の足元に防水シート、バスタオルを敷いてそこに湯の入った洗面器を置きます。
端座位の姿勢を保てるという事なら、ベッドの高さなどを調節し、足の裏が床につくまでしっかり調整します。
仰臥位の場合、ひざを曲げた状態になってもらい体位が安定するようにします。

足浴をする手順

ズボンを膝の上までしっかりたくしあげてゆっくりと片足ずつ、洗面器の中に入れます。
両足入ったら、石鹸をガーゼなどで泡立てて、片足ずつ洗います。
指の間などは特に汚れやすいので念入りに洗い、洗い終えたら掛け湯をして石鹸を洗い流します。

洗い終わったらタオルで片足ずつ丁寧に水分を拭き取り、ズボンをおろし後片付けを行います。
水分の吹野腰があると感染症などの要因となりますので、水分をしっかり拭き取り、拭き残しがないようにすることが大切です。

足浴をするときにも被介護者を観察

不快感がないか、お湯が熱くないかなど、声をかけながらリラックスしてもらうように足浴を行いますが、この時皮膚の状態などを確認します。
水虫などがあると、血行が悪い方は悪化しやすいため、皮膚、爪などを注意深く観察してください。

爪が伸びている場合は、足浴して切りやすくなっていますので、足浴が終わってからすぐに爪のお手入れをします。
皮膚が乾燥しているようなら保湿クリームを塗り、乾燥しないようにします。